マイコレクションページ

Henkel logo on a rooftop in Duesseldorf.

会社情報

ヘンケルは、ランドリー&ホームケア、ビューティーケア、アドヒーシブ テクノロジーズ(接着技術)の3つの事業部門に優れたブランドとテクノロジーを擁し、業界を牽引するイノベーションを武器に世界中で事業を展開しています。

Henkel 2020+

戦略

ヘンケルの戦略的優先事項は私たちの未来を形作るための基礎となるものです。

企業文化

「サステナブルな価値の創造」は、私たちの目的であり、ヘンケルで働くすべての社員をひとつにするコミットメントです。

ヘンケルはバランスのとれた多様な商品ラインナップを有し、世界的に事業を展開しています。数々の強力なブランド、イノベーションとテクノロジーにより、3つの事業部門すべてにおいて、また法人および一般消費者向け双方において業界のリーダーとして知られています。当社のアドヒーシブ テクノロジーズ(接着技術部門)は、世界のすべての業界の接着剤市場において、トップを獲得しています。ランドリー&ホームケア、ビューティーケアにおいても、ヘンケルは世界中の数多くの市場およびカテゴリーで牽引役を果たしています。1876年の創業から140年以上の成功の歴史が刻まれ、いまでは世界に50,000人超の社員を有しています。その熱心で多様性に富んだチームは、サステナブルな価値と共有価値の創造を共通の目的として確固としたヘンケルの企業文化の下に1つになっています。当社はサステナブルなリーディングカンパニーとして、世界の複数の格付け機関においてトップの地位をキープしています。また、ヘンケルの優先株はドイツの株価指数であるDAXに上場しています。

ヘンケルジャパン株式会社は、ヘンケルのアジア太平洋地域における重要拠点として、グローバルな事業活動の一翼を担っています。サロン向けヘアコスメティックスを扱う「シュワルツコフ プロフェッショナル」と、各種産業向けの接着剤、シーリング剤、機能性コーティング剤を提供する「接着技術(アドヒーシブ テクノロジーズ)」の2つの部門で事業を展開、お客様のニーズに対応したきめ細やかなサービスを提供しています。さらに美容師向け美容教育施設「ASK academy TOKYO」や接着剤の研究開発施設「ヘンケル技術センター」も設立。社会への貢献を図るとともに、新たな事業やテクノロジーの可能性を追求しています。

3:04Min.

企業紹介ビデオ

4分でわかるヘンケル

15/07/20

Views:

当社の事業部門の概要

ダイバーシティ&インクルージョン

ヘンケルにとって、ダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(一体性)はグローバル市場と戦略プライオリティを結びつける鍵です。これらは当社の可能性を最大限に生かすために欠かせない要素です。

ヘンケルは、グローバルに事業展開する企業として、75カ国以上で120以上の国籍の人材を雇用しています。全社員の80%以上がドイツ国外、また、半数以上が新興国で働いています。私たちのビジョンは、ブランドとテクノロジーのグローバルリーダーになることです。当社において、成功は強力なグローバルチームの上に築かれるものであり、多様な人材によって生み出される違いが前進のための推進力となっています。多様性と一体性のある企業文化は、創造性、イノベーション、発明のキードライバーであると考えています。当社が優れた業績を上げることができるのは、企業文化や事業運営方法の中に多様性と一体性を根付かせることができるからにほかなりません。

私たちは、グローバルな組織の中から適切な人材を組み合わせてチームを編成することに力を注いでいます。これらのチームは、知識、スキル、文化的背景に関して市場とお客様のニーズをマッチングさせる役割を担っています。多様性に富んだチームは、イノベーションや新たな問題解決方法を生み出す刺激になるものと確信しています。ただし、チームが最高の状態で機能するためには、一体性のある文化とリーダーシップが必要です。