マイコレクションページ

サステナビリティ戦略

サステナビリティにおけるリーダーシップに専念することは、ヘンケルの企業価値の中に深く根付いています。経済的成功、環境保護、社会的責任のバランスを 維持することは、何十年にもわたりヘンケルの企業文化の根本を成してきました。ヘンケルはサステナビリティのリーダーとして、責任を持って事業を拡大し、事業の成功に向けて取り組むと同時に、持続可能な発展のための新たなソリューションを生み出すことを目指しています。この意欲的な目標はヘンケルの活動の すべてを対象とし、日々の業務、考え方、行動において持続可能な発展の原則を受け入れ、積極的な取り組みを続けている、世界中の約50,000名の社員に 支えられています。

サステナビリティ戦略2030:削減でより大きな目標達成を

世界は大きな課題に直面しています。世界のヒューマンフットプリントはすでに地球の資源供給量を超えています。2050年には、世界の人口は90億人に到達すると予想されています。それに伴う世界の経済活動の加速によって、消費は拡大し資源は不足します。このため、今後数十年は限られた資源をめぐる競争が激化するでしょう。ヘンケルは、「2050年、約90億人が限りある地球上の資源でより良く暮らせる」という、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)のビジョン2050を戦略の基本として採用しました。これは、より少ない資源と少ない排出物で価値を創出し、人々がより良く暮らせるようにするという意味です。

ヘンケルのサステナビリティ戦略は、「削減でより大きな目標達成を」という理念を柱に、「パフォーマンス」、「社会的発展」、「エネルギーと気候」、「原材料と廃棄物」、「水と廃水」、「安全衛生」という6つの注力分野に活動を集中させるものとなっています。これらは、ヘンケルの事業に関連する持続可能な発展の課題を反映しています。私たちは法人顧客や消費者、事業展開先の地域コミュニティ、そして自社にとってより大きな価値を創出すると同時に、環境フットプリントを削減することを目指しています。それを実現するには、より少ない資源で生活の質を高めることのできる新しいイノベーション、製品、技術が必要です。ヘンケルは数十年に及ぶ経験をもとに、サプライヤー、法人顧客、消費者と協力して未来のために実行可能なソリューションを作ることを目指しています。

ヘンケルの2030年の目標:効率を3倍に

ヘンケルは、今後20年間で、環境フットプリントに対し事業活動によって創出する価値を3倍にすることを目標としています。効率を3倍に高めるこの目標を「ファクター3(3倍数)」と呼びます。この目標を達成する方法のひとつは、フットプリントは同じ水準のまま、創出する価値を3倍にすることです。または、環境フットプリントを現在の3分の1の水準まで削減する一方で、同じ価値を創出することによって「ファクター3」の効率化を実現することができます。ヘンケルはこの両面から取り組み、資源消費を削減すると同時に創出する価値を高めます。

2030年までに効率を3倍に高めるというヘンケルの目標を達成するには、毎年平均5、6%ずつ効率を高める必要があります。ヘンケルは2011年から2015年までの5年間で効率を30%改善するための具体的な目標を設定しました。ヘンケルはこれを達成し、2030年までの20年目標を踏まえたうえで新たに2020年までの中間目標を設定しました。この目標に従って、ヘンケルは創出する価値と環境フットプリントとの関係を(基準年である2010年と比較して)2020年末までに全体で75%改善することに注力します。

持続可能な事業プロセスに向けたヘンケルの取り組み

戦略を策定し目標を達成するには、約50,000名の社員がこれらを常に念頭に置き、日々の行動に取り込み、事業プロセスに反映させなければなりません。ヘンケルはこれを達成するため、製品、パートナー、社員という3つの戦略的指針を設定しました。

ヘンケルの製品は、法人顧客と消費者に対しより大きな価値を提供します。革新的なソリューションと、より小さなフットプリントでより高いパフォーマンスを提供する製品を通じて、資源を節約し、その他の環境への影響を軽減しています。

パートナーは、バリューチェーン全体でサステナビリティを推進する鍵となります。ヘンケルは、サプライヤー、消費者、企業パートナーとの結びつきをさらに深めたいと考えています。それと同時に、とりわけ法人顧客と消費者による環境フットプリントの削減を支援します。そのためヘンケルは、環境フットプリントを改善した原材料を使用できるよう、一部のサプライヤーと協力しています。

ヘンケルの社員は、その努力、スキル、知識によって他社との違いを生み出しています。私たちは日常業務や地域社会の中で持続可能な開発に貢献し、法人顧客や消費者との橋渡し役となり、イノベーションを可能にしています。

写真

動画(英語)

Views:

16/02/25

Henkel Sustainability Strategy 2030

Achieving more with less is the goal of Henkel's sustainability strategy.

サービスとダウンロード