x

弊社ウェブサイトを最適な状態で利用していただくためには、クッキーを許可してください。
クッキーが使用できないと動作しない機能があります。
弊社が使用するクッキーの詳細については、クッキーに関する情報ページをご覧ください。

マイコレクションページ

アウディ向けカスタムソリューション

私たちは顧客と提携し、最高の品質基準に適合するカスタムメイドの持続可能なソリューションを開発します。

アドヒーシブ テクノロジーズ(接着技術)事業部門は、アウディと共同で自動車ボディの前処理プロセスを開発しました。特許取得済みのこの2ステッププロセスにより、アルミニウム含有率が最大100%までのマルチメタルの自動車ボディの表面処理が可能になります。現在、一般的なリン酸亜鉛処理では、混合材質の自動車ボディのアルミニウム含有率が上がると廃棄物の発生量が増加します。これらを前処理槽やそこで処理された表面から取り除くにはかなりのコストがかかります。

鉄とアルミニウムの自動車ボディ部品では表面特性が異なるため、2ステッププロセスを使って2段階で前処理します。これにより、使用するアルミニウムが増え、現行プロセスと比べて生産プロセス中のエネルギーと化学薬品の使用量が減少します。サービス費用、それに伴うダウンタイム、廃棄物の発生量も減少します。この方法をプロセスに組み込んだのはアウディが最初でした。この2ステッププロセスは、現在、アルミニウム含有率の高い自動車ボディの前処理の世界標準となっています。

ヘンケルが提供している自動車関連ソリューションの詳細は、www.henkel-adhesives.com/automotive(英語)をご覧ください。