2014/05/07  横浜

軽量化、生産プロセスの最適化を中心にトータルソリューションを提案

ヘンケルジャパン、「人とくるまのテクノロジー展2014」出展

ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:玉置 眞)のトランスポート&メタル事業本部は、 「人とくるまのテクノロジー展2014」(会期:2014年5月21日~23日 会場:パシフィコ横浜)に出展いたします。

ヘンケルジャパンは自動車製造における「軽量化」「省エネルギー」「生産プロセスの最適化」を実現する接着剤・シール剤・表面処理剤などのトータルソリューションをご提案します。

ブースでは、ポリウレタン系コンポジットマトリックス樹脂「ロックタイトMAX(マックス)シリーズ」を使用したリーフスプリングとオプションルーフの実物パーツのほか、ヘンケル製品を使用した各種サンプルを展示します。また、会場内ワークショップスペースでは2つの講演を予定しており、新製品「ロックタイトMAX3(マックススリー)」の詳細と「異種材接着」テクノロジーをご案内します。

<展示会概要>
名称:人とくるまのテクノロジー展2014
会期:2014年5月21日(水)~23日(金)10:00-18:00 ※最終日のみ17:00終了
会場:パシフィコ横浜 展示ホール
主催:公益社団法人自動車技術会
概要:自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者ための自動車技術専門展

<ヘンケルジャパンブース>
小間番号:192

<ヘンケルジャパン ワークショップ>

会場:展示会場内 展示ホールD
① 日時:5月21日 (水) 14:00 ~14:45
内容:コンポジット用マトリックス樹脂「LOCTITE MAX3」と
コンポジット用接着剤
② 日時:5月22日 (木) 17:00 ~17:45
内容:量産車の軽量化:異種材料の接着ソリューション

<ヘンケルジャパンブース>
小間番号:192

小林 由紀 ヘンケルジャパン株式会社 接着技術事業部門 マーケティング部 045-758-1869 yuki.kobayashi@henkel.com 名刺のダウンロード マイコンテンツに追加