2014/09/24

安全性を向上させるロックタイト配管関連接着剤、デモを交えてご紹介

ヘンケルジャパン「第46回管工機材・設備総合展」に出展

ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:玉置 眞)のジェネラルインダストリー事業本部は、「第46回管工機材・設備総合展」(会期:2014年10月1日~3日 会場:東京都立産業貿易センター浜松町館)に出展いたします。

今回の展示会では、大口径から小口径まで様々な金属配管の継手部分をシールする「金属配管シール剤」、金属や塩ビなど様々な配管の亀裂や穴埋めの補修が可能な「配管用補修剤」、その他作業現場に役立つ「シリコーンシール剤」など接着剤関連製品をデモを交えてご紹介いたします。
ロックタイトブランドの製品は建築物全般に使用される管・継手・バルブの性能を十分に引き出し、かつ工期の短縮やコスト低減をサポートします。

<ヘンケルジャパン 展示内容>

ロックタイト5651【嫌気性接着剤】

金属配管用の嫌気性シール剤です。即シール性をご確認いただける
デモンストレーションを中心にご紹介します。

ロックタイト207【シリコーンシール剤】

あらゆるマーケットで使用できる、汎用タイプの液状ガスケットです。
各種フランジのシール、電気・電子部品、工作機械、家電製品などの接着やシールに最適です。

<ヘンケルジャパン小間番号:4階-47>