2017/03/13  デュッセルドルフ、ドイツ

ビューティーケア事業部門を強化

ヘンケル、メキシコと米国でサロン向けヘアケア事業を買収

  • リーディングブランドのポートフォリオを拡充
  • サロン向けヘアケア事業をさらに強化
  • メキシコと米国での地位を大幅に向上

ヘンケルは、メキシコのグアダラハラに本社を置くナトゥーラ・ラボラトリオス社(Nattura Laboratorios, S.A. de C.V.)および米国、コロンビア、スペインの同社関連企業の買収に合意しました。

この買収によって、ヘンケルはサロン向けヘアケア事業をさらに強化し、新興市場と成熟市場の双方で事業規模を拡大します。今回の取引には、ヘンケルの主要事業であるサロン向けヘアケア事業のリーディングブランドのポートフォリオが含まれています。主なブランドはPravana(プラヴァナ)、Tec Italy(テック・イタリー)です。2016年度は1億ユーロを超える売上を計上しました。

ヘンケルの最高経営責任者ハンス・ファン・バイレンは、「今回の買収は、魅力的な市場と事業における当社の地位強化戦略の一環です。私たちはメキシコでのサロン向けヘアケア事業を拡大し、米国のサロン向けヘアケア市場で当社のブランドポートフォリオをさらに活用していきます」と述べました。

また、ビューティーケア部門担当取締役副社長パスカル・ホウディは、「ナトゥーラ・ラボラトリオスの高パフォーマンスかつ高品質なブランドは、当社のビューティーケア事業にフィットします。これらのブランドが加わることで、当社のカラーリング剤事業を強化し、ビューティーケア事業における世界第3位というヘンケルの地位は強化されます。さらに今回の取引で、魅力的なラテンアメリカ市場でのさらなる成長のプラットフォームが得られます」と述べました。

両者は、本取引の詳細な金額は開示しないことで合意しています。この買収取引を完了するには、規制当局の承認その他の慣習的な成立条件を満たす必要があります。

ナトゥーラ・ラボラトリオス社について
ナトゥーラはメキシコに本社を置くヘアケア会社。米国とコロンビアの主要関連会社とともに、ラテンアメリカと北米の市場に商品を提供しています。創業1982年。Pravana(プラヴァナ)とTec Italy(テック・イタリー)を主要ブランドとして、主にサロン向けヘアケア部門で事業を行っています。 2016年売上高は1億ユーロを超えます。

本プレスリリースにおける将来予測は、弊社経営陣の知見と現在の予測に基づくものです。将来予測は、英文中“expect“ “intend” “plan” “predict” “assume” “believe” “estimate” “anticipate” “forecast”等の語や同様の表現を用いて特徴づけられています。こうしたステートメントは、将来予測の実現を確約するものでは決してありません。将来のヘンケル社および関連企業の業績は、多くのリスクならびに不確実な要因によって、本稿の将来予測とは異なる場合があります。こうした要因の多くは、経済状況や競合の活動、その他市場要因など、弊社のコントロールを超えるものや前もって正確に予測することができないものです。ヘンケルは、これら将来予測をアップデートする意向はなく、またそれに関するいかなる義務を負うものでもありませんので、ご了承ください。

(本プレスリリースは、2017年3月9日にドイツ・ヘンケル本社が発表したプレスリリースの翻訳版です)