メニュー
検索

2017/11/29  東京

「未来をつなぐ夢はさみ」アドバンスコースに15名参加。卒業生が講師として参加

ヘンケル、9年目となる美容職業訓練をカンボジアで実施

ヘンケルジャパン株式会社 シュワルツコフ プロフェッショナル事業本部(本社:東京都品川区、社長:金井博之、サロン専用ヘアコスメティックブランド)は、11月13日~11月17日にかけ、認定NPO法人国境なき子どもたちとともに、2008年から社会貢献活動として実施しているカンボジアの青少年向け美容職業訓練「未来をつなぐ夢はさみ」アドバンスコースを実施しました。今年も昨年に引き続き、株式会社F.PARADE(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川竜太)とのコラボレーション形式で開催し、15名の現地生徒が参加しました。

今年で9年目となる「未来をつなぐ夢はさみ」は、生活支援の寄付をするのではなく、カットの技術や理論など日本の高い美容技術を伝えることで美容師を志す若者たちの自立を支援したいという思いからスタートしました。アドバンスコースでは、「一層の技術向上を図り、カンボジアの子どもたちの就職・独立のチャンスを広げ、より自立しやすい環境をつくること」を目指しています。

今年はベーシックコースを6~7月に開催。今回実施したアドバンスコースを加え、これまでにのべ277名の現地生徒に対し、日本全国から応募いただいた経験豊かな47名の美容師がボランティアトレーナーとして指導してきました。これまでに3名が美容サロンを開業、40名が美容関係に就業するなど、子どもたちの夢への一歩を確実に後押ししています。

関東にサロンを3店舗展開するF.PARADEから2名の美容師が参加

今回参加した「F.PARADE seaside」の井上知巳さんは、5日間のトレーニングを終えて、「美容技術を学ぶことに対して貪欲な生徒たちの姿を見て改めて美容の力を感じ、自分にとってよい刺激となりました。またモデル実習ではトレーニングで学んだスタイルを躊躇することなく、実践している生徒たちの積極的な姿を見て、涙が出るほど嬉しかったです」とコメント。「F.PARADE ain terrace」の縄田知夏さんは、「カンボジアに来ることはできても、現地の人に日本の美容技術を伝える機会を得ることはできません。自分の美容師人生の中で変化をもらえるよいきっかけになりました。私たちを応援してくれたお客様にこの経験をしっかりと伝えることが私たちの役目だと感じました」と述べました。

「未来をつなぐ夢はさみ」の担当責任者で、シュワルツコフ プロフェッショナル事業本部ASKアドバイザーの谷水義徳は、「2008年より丸9年20回目の職業訓練を無事に終えることができました。なかでも2014年当時15歳ではさみを握った事も無かった男の子が夢はさみをきっかけに美容師への道を志し、技術を身につけ、2017年には頼れる講師として「夢はさみ」に参加してくれました。彼の姿は我々にとっても、これから美容師を目指す生徒たちにもたくましく映りました。2018年は「未来をつなぐ夢はさみ」は10年目を迎えます。この素晴らしいプロジェクトを継続し、成長させる事で多くの日本の美容師に美容の素晴らしさを再確認してもらい、また、受講した生徒たちの未来を創る事が我々の使命だと感じています。最後に「未来をつなぐ夢はさみ」を支えてくださる皆様に感謝いたします」

2017年 未来をつなぐ夢はさみ 海外美容職業訓練 (第20回) 実施詳細

場所: カンボジア北西部バッタンバン 「若者の家」
共催:「認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)」

日程:2017年11月13日~2017年11月17日
場所:カンボジア北西部バッタンバン

トレーナー:

井上知巳さん/ F.PARADE seaside(千葉県長生郡)
縄田知夏さん/ F.PARADE ain terrace(東京都港区)

トレーニング内容:

初級カット(ワンレングス、ボブ、グラデーション、スクエアレイヤー、メンズカット)を複合的に組み合わせた、難易度の高いカットトレーニング

特別協力:株式会社ナルトシザー(兵庫県宝塚市・シザーの提供)、ミツイコーポレーション株式会社(静岡県静岡市・カットウィッグの提供)