2013/06/20

最大5mmの隙間に充填が可能。低白化タイプで仕上がりの外観も良好

ヘンケル、2液性超速硬化瞬間接着剤『Loctite 3092』 8月より発売開始

ヘンケル、2液性超速硬化瞬間接着剤『Loctite 3092』 8月より発売開始 最大5mmの隙間に充填が可能。低白化タイプで仕上がりの外観も良好

新製品「Loctite3092」は、2液性のジェル状接着剤で最大5mmの隙間を充填します。付属のミックスノズルを用いることで自動的に混合され、使用時の温度や湿度に関わらず速硬化し、低白化タイプのため、仕上がりの外観も良好です。同製品は、すでにヨーロッパで主に自動車補修用として使用されていますが、各種プラスチック、ゴム、木、紙、皮革などの多孔質の素材にも使用でき、 輸送機器、建機・農機、白物家電の修理のほか、工場などにおけるメンテナンスなど幅広い使用が可能です。

ヘンケルジャパンは7月5日から東京ビッグサイトで開催される「オートサービスショー2013」へ出展します。ブース*1では、自動車補修のための接着剤、シーリング剤、コーティング剤・チッピング剤、防錆剤などを紹介する他、新製品「Locitite3092」の隙間充填性、速硬化性や強度などを体感できるデモンストレーションなども予定しています。
*1ヘンケルジャパン ブース小間番号:529東5ホール

ヘンケルはブランドとテクノロジーのグローバルリーダーとして、ランドリー&ホームケア、ビューティーケア、アドヒーシブテクノロジーズ(接着技術)の3つの分野で事業展開をしています。ヘンケルは1876年の創立以来、コンシューマービジネスおよび産業分野において、Persil (パーシル)、Schwarzkopf(シュワルツコフ)、Loctite(ロックタイト)などに代表される有名なブランドの数々と共に、グローバルにおけるマーケットリーダーとしての地位を維持しています。ヘンケルの従業員数は約47,000人であり、2012年度の売上高は165億1千万ユーロ、調整後の営業利益は23億3千5百万ユーロを計上しました。ヘンケルの優先株はドイツ株式指数DAXのリストに入っております。