ダイバーシティ&インクルージョン

ヘンケルは、包括的なDiversity & Inclusion(多様性と一体性)を推進しています。社員一人ひとりのバックグラウンド、経験、才能、知識、創造性といったものの多様性、そしてそれぞれの相違を尊重し合うことが私たちの競争力の基盤となっています。ヘンケルは、グローバルに事業展開する企業として、約80カ国で120の国籍の人材を雇用しています。全社員のおよそ85%がドイツ国外、また、半数以上が新興国で働いています。私たちは、Diversity & Inclusion(多様性と一体性)を重視する企業文化は創造性、イノベーション(革新)、そしてインベンション(発明)を促進するために重要だと考えています。私たちの優れた結果をもたらす能力は、企業文化やビジネスにDiversity & Inclusion(多様性と一体性)を取り入れることで加速します。

私たちは、グローバルな組織全体の中から適切なチームを結成することに強いコミットメントを示しています。それらのチームは、知識、スキルそして文化的背景といった観点から市場と顧客のニーズに合致することが必要です。多様性に富んだチームは、イノベーションや新たな問題解決方法を生み出すための刺激になると確信しています。チームが最高の状態で機能するためには、一体性のある文化とリーダーシップが不可欠です。