サステナビリティ

ヘンケルはサステナビリティのリーダーとして、責任を持って事業を拡大し、事業の成功に向けて取り組むと同時に、持続可能な発展のための新たなソリューションを生み出すことを目指しています。この意欲的な目標は、バリューチェーン全体のヘンケルの活動のすべてを対象としています。

戦略

ヘンケルのサステナビリティ戦略

環境フットプリントを削減しながら、事業を通してさらなる価値を創出する—これが2030年に向けた私たちの目標です。

企業市民活動

企業市民活動

社会貢献―企業市民活動―は、ヘンケルの企業としての責任の一部であり、ヘンケルの企業価値にしっかりと根付いています。 

ヘンケルは140年以上にわたり、環境と社会の発展を支えるために明確なビジョンをもった取り組みを行っています。私たちは、持続可能なイノベーションの開発によって私たちが及ぼすことのできる潜在的な影響を認識しています。なぜなら、私たちの製品とテクノロジーは世界中で毎日、何百万回も使用されているからです。私たちは、すべての新製品や処方がサステナビリティに貢献するために、環境的・社会的な基準をイノベーションのプロセスに組み込んでいます。

こうしたイノベーションへの注力と並行して、私たちは包括的なサステナビリティ戦略 の一部として意欲的な目標を掲げています。この戦略は、全世界の社員の日々の業務にサステナビリティを組み入れることにより、私たちの進む方向について共通認識を作ります。また、密接につながり合っていると確信するサステナビリティと業績、双方の向上に向けた発展を推進します。私たちはパートナーとともに、バリューチェーン全体にわたってサステナビリティを推し進めています。

サステナビリティへのアプローチ


企業コミットメント

重要な数字

協力およびパートナーシップ

外部評価