サステナビリティ

ヘンケルはサステナビリティのリーダーとして、責任を持って事業を拡大し、事業の成功に向けて取り組むと同時に、持続可能な発展のための新たなソリューションを生み出すことを目指しています。この意欲的な目標は、バリューチェーン全体のヘンケルの活動のすべてを対象としています。

戦略

ヘンケルのサステナビリティ戦略

環境フットプリントに対して、事業を通して3倍の価値を創出する–それが私たちの2030年までの目標です。

企業市民活動

企業市民活動

社会貢献―企業市民活動―は、ヘンケルの企業としての責任の一部であり、ヘンケルの企業価値にしっかりと根付いています。 

サステナビリティにおけるリーダーシップに専念することは、ヘンケルの企業価値の中に深く根付いています。経済的成功、環境保護、社会的責任のバランスを 維持することは、何十年にもわたりヘンケルの企業文化の根本を成してきました。この取り組みは全事業部門および管理部門に適用され、世界中の約53,000名の社員が日々の業務、考え方、考え方、行動において持続可能な発展の原則を受け入れ、積極的な取り組みを続けています。

ヘンケルのサステナビリティ戦略: 削減でより大きな目標達成を

将来においてもこの地位を維持するため、ヘンケルは長期的なサステナビリティ戦略を策定し、2030年に向けた明快かつ野心的な目標を設定しています。それは2030年までに、ヘンケルの全製品とプロセスを現在の3倍効率化する(「ファクター3(3倍数)」)というものです。

この目標は、私たちが将来直面するであろう課題の一つ、成長と資源消費を連動させないことに取り組むものです。私たちは法人顧客や消費者、事業展開先の地域コミュニティ、そして自社にとってより大きな価値を創出すると同時に、環境フットプリントを削減することを目指しています。「削減でより大きな目標達成を」– この考えはヘンケルのサステナビリティ戦略の中核であり、私たちのあらゆるビジネスプロセスと活動の指針となるものです。

サステナビリティに関するニュース

外部格付け機関による評価

ヘンケルがゴールド評価を取得

“Together for Sustainability”イニシアチブのメンバーとして、ヘンケルのサステナビリティの取り組みは国際格付け機関EcoVadisの評価を再び受けました。同社による企業の社会的責任の評価に基づき、ヘンケルは最高評価であるゴールドを取得しました。

2001年以降含まれる

ヘンケルは18年連続で FTSE4Goodのエシカルインデックスに選出されました。同インデックスは、フィナンシャルタイムズとロンドン証券取引所が2001年に導入したものです。

  ハンブルク:2016年、ヘンケルは再び、Global Challenges Indexに選出された、世界でわずか50社のうちの1社となりました。これはハノーバー証券取引所と独格付け会社イーコム・リサーチ社によって作成されたものです。ヘンケルは2007年以来、同インデックスに選出されています。

サービス