2022/06/02

ロックタイト接着剤で信頼性の向上に貢献

ヘンケルジャパン、 ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2022に出展

ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:浅岡 聖二)のジェネラルマニュファクチャリング&メンテナンス事業部は、2022年6月30日~7月2日Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて開催される「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2022(ロボットテクノロジージャパン)」に出展し、ロボットの基幹部品(本体、モーター、減速機)の製造において世界で多くの実績を誇るロックタイト接着剤・塗布装置を用いた様々なソリューションを紹介します。

展示製品

■ロックタイト嫌気性接着剤 【実演有】
ロックタイト嫌気性接着剤は金属部品の間で空気が遮断されると硬化する接着剤です。部品の隙間を完全に充填することで、機械的に接合された組み立て部品のシールや結合力を強化します。ねじゆるみ止め、はめ合い固定、金属配管シール、金属フランジのシールなどの用途で使用されています。
ロックタイトねじゆるみ止め用接着剤でねじや部品を固定した場合、スプリングワッシャーなどを用いた機械的締結と比べゆるみが発生しにくく、より信頼性の高いロボット製造が可能となります。ヘンケルブースでは「耐振動デモ試験機ラトラー」を用いて、機械的締結とロックタイト接着剤接合の比較や性能を随時実演します。

 

■ロックタイト塗布機・照射装置 【実演有】
ロックタイト塗布機・照射装置は、ロックタイトの接着剤を塗布・硬化するために開発された製品で、組み合わせることにより、あらゆる塗布方法に対応可能で自動化を実現可能にします。ヘンケルブースでは各種塗布機・照射装置の実演をします。

■ロックタイト瞬間接着剤 【新製品LOCTITE 402展示】
ロックタイト瞬間接着剤は、超高速、難接着材質用、耐熱・耐衝撃用、低臭低白化用、柔軟性のある素材用など多彩な特長を持つ製品をラインナップしています。新製品である高耐熱性瞬間接着剤LOCTITE402も展示します。


■ロックタイト光硬化型接着剤 【新製品LOCTITE AA 3510展示】
高機能性接着剤で培われたロックタイト独自の特殊樹脂合成技術、配合技術によって開発されたロックタイト光硬化型接着剤。IPMモーターマグネット接着にも使用実績があります。

 

出展者ワークショップ

開催日時:2022年6月30日(木)14:10~14:40 
開催場所:AICHI SKY EXPO(愛知県国際展示場)展示ホールD
タイトル:産業用ロボットの組立・製造にロックタイト接着剤を活用するメリット
内容:トータルでのコスト削減・信頼性向上が重要であるロボット製造。ロボットの基幹部品(本体、モーター、減速機)の製造において世界で多くの実績を誇るロックタイト接着剤・塗布装置について紹介します。
講師:ヘンケルジャパン株式会社 ジェネラルマニュファクチャリング&メンテナンス事業部 室 幸志
※事前登録は不要です。

ヘンケルジャパンブース詳細

ヘンケルジャパンブース番号:D19(展示ホールD) 
会場マップ:robot-technology.jp/visitor/floor

展示会概要

名称:ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2022(ロボットテクノロジージャパン) 
robot-technology.jp

会場:AICHI SKY EXPO(愛知県国際展示場)

会期:2022年6月30日(木)~7月2日(土) 10:00~17:00

入場料金:1人1,000円/団体10人以上1人500円(いずれも消費税込)
ただし、事前登録者、海外来場者、学生は無料
事前登録はこちらevent-expo.jp/RTJ2022/visitor
※入場証をA4カラー印刷し会場へ持参ください

主催:(株)ニュースダイジェスト社

概要:製造業など産業集積地「中部」で開催する国内最大級のB to B 展示会。産業用ロボット
自動化システムに特化した展示会です。